「石田秀樹」は、3つの基本政策、持続可能な財政への転換、「音楽のまち Chigasaki 」構想、平和都市構想を提案します。「誇りを持てる我がまちを後世に残したい。それが私の想いです。」

音楽と福祉

音楽と福祉

音楽療法

  • 音楽の持つ、生理的、心理的、社会的動きを、心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上に向けて、意図的、計画的に活用して行われる治療技法

音楽のもつ生理的働き

  1. 音楽は、感覚ニューロン(神経細胞)を通して、大脳皮脂の感情中枢に大きな影響を与える
  2. 音楽は、自律神経系に活性的あるいは抑制的な影響を与える
  3. 音楽は、大脳皮脂の運動中枢に活性的あるいは抑制的な影響を与える
  4. 音楽は、長期記憶において、いろいろなできごとと結びつきやすい性質を持っている
  5. 音楽は、認知的なプロセスを刺激する

音楽のもつ心理的・社会的働き

  1. 音楽は、知的過程を通らずに、直接感情に働きかける
  2. 音楽活動は、自己愛的な満足をもたらしやすい
  3. 音楽は、人間の美的感覚を満足させる
  4. 音楽は発散的であり、活動の直接的発散をもたらす方法を提供する
  5. 音楽は、身体的運動を誘発する
  6. 音楽はコミュニケーションである
  7. 音楽は、一定の法則性の上に構造化されている
  8. 音楽には多様性があり、適用範囲が広い
  9. 音楽活動には、統合的精神活動が必要である
  10. 集団音楽活動では社会性が要求される

音楽を聴くことの治療性

  • 音楽は、鼓膜から脳の中枢に達するまでのいずれかの場所で、音楽の生理的作用、心理的作用を引き起こす

音楽を演奏することの治療性

  • 演奏は、上達を目指し、あるいは発表会を目指す目的行動となる。上達のためのさまざまな努力、またよい演奏をするための音量のバランス、タイミングの適正さ、相手の音をよく聴く、他との協調などは、社会的適応への訓練の意味を担っている。これらの訓練が、楽しく、喜びをもって行えるところに、音楽の治療的有用性がある。

歌唱の治療性

  • 歌唱は、発声のための呼吸の調整、姿勢の保持等、全身的な運動であることに加えて、強力な身体的解放をもたらす
  • 人前で声を出し、歌詞の情感を表現することにより、自信の回復にも役立つ
  • 歌詞の中に表現される未知の世界と出会い、新しい生き方を体験する
【音楽のまち Chigasakiへ戻る】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 石田秀樹とともに歩む会 All Rights Reserved.