専修大学教授の山田健太先生を茅ヶ崎市役所分庁舎にお迎えした「表現の自由」を考えるトークイベントに参加しました。昨今、公共施設における政治的な活動が過度に制限される傾向にありますが、行政はこうした規制が表現の自由の問題であるという認識を持っていないことも多く、早い段階で問題をオープンにして行政に緊張感を持たせることが必要であるとおっしゃっていました。

「表現の自由」言いたいことを言える社会をつくる